第四十二回 (第七週・消えた紙芝居)

音松さん、やっぱり紙芝居の道具、売れませんでしたね・・・
そりゃそうだ、ずっとともに生きてきた、連れ添ったモノだもん・・・
そんな音松さんに、布美枝は、財布から枯れ葉の小判をポン!!っと・・
出るかいっ!(笑)
捻出したのね、このお金・・・
なけなしのお金を受け取って、音松さんは去っていく・・ってわけだ。

次週への伏線が二つ・・・
水木しげるファンの太一くん、勇気を出して告白の手紙を出したらしいけど、
こみち書房に相談にきたその子は、やんぱりと断ってほしい・・って言ってました・・
奥に太一くん、いるのになぁ・・・(汗)

そして、まだマンガの売り込みを続けていた茂は・・
ある会社に入っていき、運命の出会いを・・ってことみたいだけど、
この人、「救世主」なんだよね?
運命の出会いなんだもんね?
イタチとか富田のせいで、どうも人間不信な目で見ちゃう私・・・(笑)

第7週  c.0  t.0

第四十一回 (第七週・消えた紙芝居)

音松さん・・・なかなか言い出せないようで・・・
あの紙芝居の道具、質に入れる気でしょうか?
それはダメだよねぇ・・・

茂さん、富田書房で国交断絶宣言!
原稿料、凍結!!ってアンタ・・
生活、困ってんねんで?
なのに!!
音松さんにいくらか用立てろだ??
赤字や!っちゅーてんねん!!
ったく・・・困った人だよ・・
布美枝ちゃん、もっとキレたほうがいいっす!!

第7週  c.0  t.0

第四十回 (第七週・消えた紙芝居)

あら・・・・
嵐が二つ・・・(汗)

音松さん、借金まみれで金が必要らしい。
金を貸してほしいって言いに来たようだけど、
言い出せないどころか、部屋をあさってる感じ・・?
ただでさえお金がないってのに!
イタチが教えてくれたけど、茂は信じてないみたいだし・・・
うーむ・・・

そして、鬼太郎の原稿料、もらえないかも!
なんか知らんけど手を出したことに失敗したみたいで、
こりゃ、つぶれるんじゃ・・?
もらえるだけでもお金を受け取ってくるんだぞ、茂!!!

第7週  c.0  t.0

第三十九回 (第七週・消えた紙芝居)

急にやってきた、紙芝居の杉浦音松(上條恒彦)さん。
昔、神戸にいたときに、紙芝居の絵を描いていたらしい茂。
その時に生まれたのね、墓場鬼太郎・・・
紙芝居を絶やしたくない・・・という思いの音松さん。
何やらたくらんでる・・・?
害を与えることはやめてほしいなぁ・・

ってか、せっかく墓場鬼太郎の仕事があるのに、
まさか茂さん、紙芝居を描くとか言い出すのか?
うーむ・・・それも金になるとは思えないんだけどなぁ・・・(汗)

第7週  c.0  t.0

第三十八回 (第七週・消えた紙芝居)

そっか・・・
べとべとさんのお兄さん、茂さんってハッキリするわけじゃないんだ・・
まぁね、あんなちょっととしか会ってない、大昔のこと、覚えてるわけないもんなぁ・・
わかっちゃいるけど、ちょっとさみしい・・・(涙)

三冊も本が出たのに、未だに原稿料をもらえない茂。
イタチのせいで大損害を被ったから・・・といわれてしまって・・
やっぱり疫病神だわ、アイツ!!

頼みの家賃収入も・・・
上に住む中森さんも貧窮しているようで・・
ってか、茶っ葉炒って醤油・・・とか、
ゴホンゴホン・・・とか、あそこまでされると、
アンタ、家賃の取り立てを逃れるためにやってんじゃないの?と思えてしまう・・
いかん、私ったら!
中森さんはそんな人ではない・・・はず・・・。

第7週  c.0  t.0

第三十七回 (第七週・消えた紙芝居)

またイタチがやってきたよ・・
なんか、みんな、しょうがないなぁ・・って温かい目で見てたけど、
あたしゃやっぱり無理!(笑)
この男にかかわるとろくなことがないんだから・・・

本が出て、ようやく布美枝は自分が水木しげるの妻だって
みんなに告白しましたね!
こみち書房でも大きく扱ってもらえたし、
銭湯や床屋さんも協力してくれるみたいだし!
売れるといいねぇ〜!
あの、水木しげる好きの男の子が驚く姿、
早く見たいなぁ〜!(笑)

第7週  c.0  t.0

| 1/1PAGES |